車の買取りと下取りとの主な違い

車の買取りは、新車購入とは関係なしに、専門業者などに車を売り払って現金化することを意味します。
下取りについては、新車車若しくは中古車を買い求める販売店に対していままで運転していた車を引き請けてもらうことです。
表面的には、自動車そのものを売り渡すという似たような印象がありますが、その中身は異なります。
買取りの利点は、いくつかの買取業者に対して査定申請して最も高い価格で値をつけたところに売り払うことができます。
更に買取業者がよく理解している車の種類や製造メーカーのケースでは、普段よりも割高なの額面を付けてくれることがあります。
一方で、マイナス面は、マーケット価格の変動に影響を受けやすいこともあって、売却する時期によっては低レベルな見積もり価格になることもあり得ます。
下取りの魅力は、ディスカウントできない分だけ下取り額によって幾らかは補完してくれます。
さらに下取り及び新車を買換えできるので、手間が省略できるというアピールポイントがあります。